【覚書】LinuxでのDNS設定

/etc/resolv.confへ記述

==============================
nameserver <PrimaryDNSServerIP>
nameserver <SecondaryDNSServerIP>
==============================
スポンサーサイト

OracleEnterpriseLinux5へのDell OpenManage ServerAdministratorインストール

普通なるのかどうかは分かりませんが、OEL5へのDell OpenManage ServerAdministratorインストールがうまくいきませんでした。
症状は以下の通り。

・installスクリプトを実行しても無反応
・Dellの手順にある手動インストール(rpmコマンド)ではパッケージが足りない

そこで、同じところで悩んでいる人(いるのか微妙だけど)の為に対処方法を。

っていっても大したことではないのですが。

/etc/redhat-releaseの記述の末尾に「Nahant」を追加するだけ。

変更前:Enterprise Linux Enterprise Linux Server release 5.2 (Carthage)

変更後:Enterprise Linux Enterprise Linux Server release 5.2 (Carthage) Nahant

これだけで、通常のinstallスクリプトが動きました。

もし引っ掛かってる方がいたら、参考になったらいいな。


【エラー】RedHat(Oracle)EnterpriseLinux5へのClusterwareインストール

RHEL(OEL)5へClusterwareインストールする際のroot.shでのエラーについて

・runInstallerが!→-ignoreSysPrereqs
・vipcaが!→vipcaの書き換え
・srvctlが!→srvctlの書き換え
上記の点に関しては10gR2のリリースノートを見てもらうとして。

OiSCにもなかったエラーをば。

Clusterwareインストール時のroot.sh実行時に以下のエラーが出る場合があります。
(というか自分とこは毎回)

=====================================
Running vipca(silent) for configuring nodeapps
Error 0(Native: listNetInterfaces:[3])
[Error 0(Native: listNetInterfaces:[3])]
=====================================

これ、OiSCで調べると一件だけ出てきます。10.1.0.3で発生し10.1.0.4で修正済みのエラーが。
まあ、LD_ASSUME_KERNEL設定部分をコメントアウトするんで当然のエラーなんですが。
 (詳しくはKROWN文書#89082を参照)
なんで、気にせずにClusterwareインストール完了後にvipcaを再実行で問題なく進めます。

びっくりして慌てて検索かけた方、(多分)正常動作なんで安心して大丈夫ですよ~

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:Adam+OBSBS+
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク