道具のレンタル

鈴木さんが、店舗のラックシートについての記事を書かれています。
http://d.hatena.ne.jp/YIU24564/

で、思い出したのが同僚との会話。キューのレンタルって一定の需要ありそうだなーと。

まぁ、メジャーどころなら誰かしら使ってる人いるだろうから、借りればいいという意見が多そうですが・・・
とはいえ、「知らない人に声かけるの苦手」や「行きつけのビリヤード場だと使ってる人いない」とか、あると思います。

実際、「買ってみたらイメージと違った」という話もちらほら耳にします。

そんな時、有料でいいので、キューやシャフトをレンタル出来たらいいなと。
特にブレイクキュー・ジャンプキューはあれこれ試してみたい人ってそれなりに居るんじゃないでしょうか。
購入を考えてる人なら、試してみて決めるってのがしやすくなりますし。
飲み会ついでに遊びに来たような人たちの興味も引けるかもしれませんし。

小さなビリヤード場だと厳しいかもしれませんが、大手ビリヤード場とメーカーor販売店が手を組めば実現できそうです。

加えてプロがいるお店なら、
1.ちょっと遊びに来た人が「ブレイク用だって!借りてみようぜー」と借りる
2.プロからブレイクの撞き方をちょっとだけ教わる
3.楽しい!もっとやろう!
とかなるかもしれませんし。

ビリヤードショップで試し撞きできるところもありますが、試せるシャフトが限られていたり、豊富にあってもつい遠慮がちになってしまうので、そうではなく30分とか1時間とか、時間単位で借りてがっつり試せるなら試したいと常々思っていました。
なので、ビリヤード場でレンタルしてくれるなら、私はあれこれ試したいです。

というわけで、BAGUSさんあたりいかがでしょう?
報酬は同僚と2人分、一年間レンタル無料とかでいいですよ(笑)
スポンサーサイト

レールブリッジ

先日、この記事で押し球克服したと書きましたが、もしやと思ってレールブリッジでも同じことを気をつけてみました。

すると、押し球ほどではないもののちょいちょい狙いとずれることがあったレールブリッジもだいぶマシに。
小さな違いですが、キューの位置の影響は大きいことを実感しました。

土手撞きも同じように改善できるかと思いましたが、土手は土手で違う要因もあるようです。
が、ちょっとだけですが違和感は減ったので、効果は一応あるようです。

キューレベルや角度が変わるとフォームの細部も当然ながら変わりますが、それに引きずられるようにしてキューの左右の位置までずれてしまいやすいということなのでしょう。
分かってみれば当たり前のような・・・まぁ、気付けたのでよしとします。



皆さんもきっとお世話になっているラックシートを中心として、ビリヤードを支えるグッズを製造されているC&Fオリーブさんが、クラウドファンディングでの募集を開始されました。
https://readyfor.jp/projects/sf315017
新型ラックシート&ボール計測計+国際特許で模倣品に対抗しようとされていますので、是非見てみてください。

押し球克服した・・・かも

ずっと、押し球が真っ直ぐ撞けずにいました。
引きはそうでもないのですが、どうにも押しだと狙っている場所から左にずれる。で、修正しようとして右にずれる。
そもそも構えた時点で違和感がある。

そんなわけで、押し球がここ最近の練習課題の一つだったのです。

とはいえ、なぜかオープンブリッジでの押し球は特に違和感がない。
で、オープンとスタンダードで何が違うのかとあれやこれや試していたら、キューの位置が違う!
普段、キューは顔の中心かやや左にあるのですが、スタンダードブリッジで押そうとすると右側にずれてました。そりゃ違和感ありますわな。

スタンダードで押す場合、私の手の大きさだとブリッジの高さが足りないので、キュー尻を下げる必要があります。
普段、肘を引き上げるイメージでフォームを作っているのですが、キュー尻を下げようとしたときに肘が外がわ、つまり楽な方に流れていたようです。
一方オープンだと、スタンダードよりもブリッジの高さを稼げるので、いつも通りのフォームがキープできるようです。

これに気付いてキューの位置を気をつけてみたら、違和感もなくなり、手球も狙った位置へ行くようになりました。

勝った理由を考える

久しぶりにJPAでいい感じに勝てたので、とりあえずSLダウンの心配は減りました!
で、たまには勝った要因を少し考えてみようかなと。負けたときは色々考えるのにねw
ただ、結論は大したこと書いてないので、何かを求めて読まれる方がいたら、期待するような内容は無いと思います。

相手がやり易い(攻め一辺倒だとか、早撞きとか)というのもあります。が、それは置いといて。

ここ何回かの負けた試合と比較しても、何か大きな要因は思いつかず、感覚的には大して変わらないんですよね。
いつも通りたまにイージー外したり、たまに難球入れたり。
じゃあ何が違ったかと思い返すと・・・なんだろう?

強いて挙げるとすれば、ちゃんと緊張して撞けたことでしょうか。
緊張すると、平場よりも難しいことが考えられなくなりますが、その分イレに集中出来たのではないかと。
結果的に、ダシをある程度(かなり?)諦めて「見えればよし!」と開き直れたと思います。

キャプテンからも「ダシを意識しすぎるから外すんだよー、見えればよし、見えたら入れるの方が今のレベルなら勝てる」といわれましたが、期せずしてそのとおりになりました。

ただまあ、JPAでの緊張する/しないのスイッチがまだわからんのです・・・
勝ってるときのほうが緊張するようなのですが。

あ、TEAM SWEEPがかかっている5戦目だったのですが、それに気づいていたら思いっきりチビって負けてたかも。
終わってから結果見て、「あ、SWEEPじゃん!」でしたからw


先々週は同僚が撞きにいかず、先週は会社のイベント(モンハン!)で毎週恒例にしていた相撞きに行けなかったため、相撞き少なめ。

2/8
Tさん(5先)
2-5

2/12
チームキャプテン(3-5)
1-5
3-3
1-4

2/15
チームキャプテン(3-6)
2-5

JPA不調??

どうも、調子悪くも無く、むしろいつも通り撞けてると思うのだけど、JPAでは勝てずにいます。
勝ちたい気持ちは強い・・・と思うのですが、いざ試合となったときに貪欲さが足りないような気も。。。
前にも意識の切り替えについて書きましたが、まだまだJPAだと緩いまま撞きがちですねぇ。

とはいえ、収穫もないわけではなく。
ストロークに加えてタッチを意識して撞くようになり、無理なくスピンをかけられるようになった気がします。
当面は、ソフトタッチでしっかり撞く、です。

とりあえず、今週末にサンビリでハウストーナメントあるので、そこで試合の緊張感に晒されてこようと思います。

先週の相撞き戦績
2/1
Hさん(4先)
0-4
Sさん(4先)
1-4
Wさん(3先)
3-1
チームキャプテン(3-5)
3-1
3-3

2/3
同僚(A級)
5-18

2/5
同僚(C級)
1-5

先週は相撞きいっぱいしたなー、楽しかった!

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:Adam+OBSBS+
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク