スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺しきれない殺し球、もしくは流れて行っちゃうちょっとだけの引き。

風邪をひいて、10日ほどJPA以外撞けませんでした。
インフルエンザじゃなかったことに安心して、ちょっと無理して夜勤に出たのがよろしくなかったかも。。。

JPAはSL5に上がってから3連敗中です。が、どうにかSL落ちずにいるので、数字上はSL5として認めてもらえている模様。
3敗目なんぞは、風邪ひきずったまま出たもんだから、序盤全然入らないし出ない状態。
中盤以降持ち直したものの、序盤の不調をひっくり返せるほどでもなくという状況で、そりゃー負けるよなと。

まー、負けは負けでひきずらないように次回またがんばりましょう。

そんなわけで新しいネタが無いので、少し前のネタを。

SL5にあがる直前くらいですかね、SL2の相手に3ラック終了時点で14点まで走られたのですが、そこから必死で追いついてのお互い2モアで迎えた場面。

図に描いたとおりですが、点線のように殺そうとして殺せず、実線のようにスクラッチ・・・


当然負けました。

で、後日再現含めてどう撞くのが良かったのか試してみた。
スクラッチさせようとしてもなかなかスクラッチさせられなかったので、スクラッチそのものは不運もあった模様。

とはいえ、実線のように殺すのは結構しっかりとキューを効かせた上で弱く撞く必要があるので、難易度は高かったようです。

なので、もうちょっとしっかり引くイメージ。

出来るには出来るのだけど、引きすぎることも多く。
この配置で引きすぎるとシュートの難易度が結構上がるのでいまいち。。。
引きのコントロールは難しいですねえ。

で、殺そうとして流れるならと長クッションに一度入れることを考えました。

これはもっとなんというか・・・出来なくはないけど、これ選択するのってどうなの?って感じでした。
センター越える位引きすぎるよりはましって感じでしょうか。

最後に、単純な押し。

これが最後になるってのもなんだかなぁという感じですが、これが一番安全安定でした。
弱すぎるとさすがに厳しいけれど、スクラッチよりは随分マシですし。
強すぎてもまさかセンター越えるほどにはならないので十分次のイレもありますし。

この試合のころは、まだ押しのイメージあまり無かったんですよね。。。
なもんで、要所要所で引きを選択しやすかったです。

最近は押しもだいぶ練習したので、押しの選択肢が先にでてくる・・・と思います。
引きの量は相変わらずコントロール難しいし、ミスキューの危険性も付きまといますし。

このときはゲームボール目前でスクラッチしたので特に印象に残りましたが、よく考えたら殺そうとして流れるっての、結構やらかしてる気がします。
まだ殺せる厚み、流れる薄さが把握できていないようです。


以下再掲ですが。
ラックシートを中心として、ビリヤードを支えるグッズを製造されているC&Fオリーブさんが、クラウドファンディングでの募集をされています。
https://readyfor.jp/projects/sf315017
新型ラックシート&ボール計測計+国際特許で模倣品に対抗しようとされています。
いち早く新型ラックシートが手に入るチャンスですので、気になる方は是非!
スポンサーサイト

スタンスによるストロークのずれ

書きたいネタは少しずつ増えてるのですが、ブログ記事として書き上げるのが面倒で更新がなかなか出来ていません。。。

先週、シュートが入らなくなり、治そうとしたセンターショットもほぼ外すということがありました。
センターショットは真っ直ぐ構えてるつもりでも手球が右にずれる。なんどやってもずれる。
ストロークそのものにも違和感がありました。

で、ストロークを見直していたところ、原因はスタンスにありました。

少し前、ブレイクの狙いが右にずれやすいのを修正するなかで、こんな感じで右足の踵をシュートラインに乗せるようにしていました。
20160313_スタンス1

これだ!と思って通常の構えにも反映したのがよくなかったようで。
ブレイクだと右腕を振りぬくのでこれで合っていたのですが、通常のストロークだと、ハードショット時には右胸に右手をぶつけるような軌道を描くために、グリップが左にずれる→キューが右にずれていたようです。
こんな感じ。
20160313_スタンス2

で、構えた際に右足を少し引くようにしたらぴったり合いました。というか元通りしっくりくるストロークが出来ました。
20160313_スタンス3

どうやら、今の自分には右足の土踏まずあたりをシュートラインに乗せるのがよさそうです。

Cue'sの記事とかで見かけるスヌーカーフォームとは真逆だなこれ。


いままで全然歯が立たなかった相手ともいい試合になる回数が増えてきて、ますます相撞きが楽しいです。
特に、チーム副キャプテンにJPAルールで勝てたのが嬉しい。
その割に、スコッと大負けしたりもしますがw
さすがにマスワリ未遂の9番穴カタで負けたのは悔しかった。

先週までの戦績
2/24
同僚(A級)流し
10-14

2/29
Mさん(SL3)5先
1-5
5-3
3-0

3/2
同僚(A級)流し
5-5

同僚(C級)流し
5-5

3/11
Iさん(SL4)流し
7-3

Mさん(SL6)
15-5(JPAルール)
3-2(5先)

Mさん(SL3)流し
1-7

クラスを上げるきっかけを振り返る(BからC)

いつ上げるべきか、なんてのは「むかーしむかしあるところに」レベルの昔から、結論が出ずにいると思われる話題だと思います。
まぁ、結局本人のしたいようにするべきいうのが結論かと。

それでも踏み切れずにいる人がいるなら・・・JPAやってみればいいんじゃないですかね?
賛否両論聞きますが、スキルレベルとしてシステマチックに数値化されますので目安にはしやすいかと。
JPAなら毎週の試合結果の蓄積ですので、調子の波や運不運も平均化されますし。

私は受けていませんが、ビリ検もいいんじゃないですかね?

JPA・ビリ検の回し者じゃありませんので、念のため。


私の場合、ブログ始める少し前からいつ上がろうかと考えておりました。
「勝ったら上がろう」と思っていくつかC級戦・Cビギ戦出ましたが、全部負け負け。
8番いい形で入れても9番が入らないんじゃ勝ちようがないです。

で、9番が入らない原因のひとつが緊張やプレッシャーだろうということで、ブログで恥をさらすことで平場での緊張感を高められないかと考えたわけですが。


出場人数考えたら大会なんてどこかで負ける人が大半なわけで、成績残したらとか言ってたら運の要素も大きいよなーと思ったので、JPAのSLを目安にするようにしました。

人によっては、師匠的な立場の人からの「そろそろ上がったら」的な一言で上がる人もいるでしょうけれど、私の場合お世話になっている人は多いですが特定の師匠っておりませんでしたので。
お世話になっている人たちからは「もういいんじゃない?」も「戻れないから慎重になったほうが」も言われましたが、師匠がいないこともあり最終的には「自分が決めたからそうする!」ということで決めました。
当然クラス上げてすぐは今まで以上に勝てなくなる可能性が高いですが、自分で決めたことであればそれも覚悟の上です。
人に言われてクラス上げて、すげー苦戦が続いたら、それこそ後悔しそうですしね。

というか私の場合、C級でもトーナメントじゃ全然勝ってませんから変わりませんw

レベルアップ!とブログタイトル変更のお知らせ

今週のJPAで無事勝ったことで、SL5に上がりました。
これで、一勝したら今期目標達成&B級に上がろうと思っていたのです。

が!

1月から月例になりつつある、サンビリのハウストーナメントが今日ありまして。
さすがにSL5でC級としてエントリーするのはいかがなものかという思いもあり、思い切ってB級に上げることにしました!

球を始めて9ヶ月くらいですが、ほぼ週5で球撞いてますので、けして早くはないかなーと。
というか、むしろ遅いかも?センスのある人なら半分くらいの期間でBになりそう。

ハウストーナメント結果は、負け勝ち負け(全部B級の方と)と、一回は勝てましたので、B級でもなんとかやっていけそうです。

そんなわけで、B級に上がりましたのでブログタイトルも「IT系会社員がビリヤードB級を目指すブログ」改め「IT系会社員がビリヤードA級を目指すブログ」となります!

内容は特に変わらないとおもいますw

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:PowerBreak+DIPro(R)
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。