得意・不得意

ブログ全然更新してませんでしたが、球は撞いてます。
文章の推敲が得意じゃないので、よほどまとまった空き時間がないと記事を書こうという気にならず^^;

さて、昨年末あたりから、練習時になるべくボウラードやるようにしていました。
途中からは、1ラック分ウォームアップしたら即ボウラード。

で、その記録をグラフ化したのが下。
20170514_ボウラードスコア
はずかしいスコアですが・・・最後が5月1日かな。
見てのとおり、4月あたりから伸び悩んでおりました。

出しミスor出せない状況からの難球が入らないのはまぁ仕方ないとして。
結構イージーな球をシュートミスしてスコア伸びないことが多々。
ミスを振り返ってみると、そもそも入れの精度が悪いなと。もちろん出しも。
そういや一つ一つの精度を高めるような練習ってあまりしてないなーと思いまして。

加えて、Wプロから「ラキアさんは一つ一つの球の研究が足りないね」と言われたことも思い出しまして。

今はボウラードは一旦やめて、以前購入していた ビリヤード・ドリル本の課題を5球連続クリア目標にやっております。
といっても頭から順にやるのはつまらないので、適当にぱらぱらめくったところとか、最近は乱数生成アプリ使って課題決めたり。

成功率の低い配置の成功率を上げるってのはもちろんなのですが、やり始めてよかったのは、自分の得意な球・不得意な球が見えてきたこと。

コレは簡単だろーという課題でなかなかクリアできなかったり、難しそうだなーという課題を一発クリアできたり。
私にとって、前者はしっかりフリをつけて弱く撞いて出すような球で、後者は厚め強めで手球を走らせるような球でした。
多分ですが、キュー出しが関係してそうです。厚めで走らせる場合はキュー出しを長く、というか手球とタップの接触時間を長くするイメージで撞くのでよりまっすぐにキューが出て、弱く撞くときはキュー出し短くなってぶれやすいのかなと。

自分が得意な球がわかったことで、試合や相撞きでより成功率の高い(と思われる)選択が出来るようになりました。

あと、課題配置で練習するなかで、初めて「出る撞点・強さでイレイチする」ってのを実感しました。
難しくないからって出しに意識がいってると、あっさり飛ばすOrz
とはいえ、まだ配置によってまちまちなので、いずれどんな配置でもこれができるようになりたいものです。

当面はドリル使っての練習を続けます。多分収録されてる課題を一通りクリアするまで・・・かな。
使ってるドリルが、手球コントロールも含めての課題が多いので、一通りクリアするころにはだいぶ上達している、と信じて!
スポンサーサイト

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:Adam+OBSBS+
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク