スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SQLServer2005:ログインとデータベースユーザー、スキーマ

これ、自分は理解に時間がかかってしまいました。
というのも、Oracleではユーザー=スキーマで、ログインもユーザー単位だったので、ログインと別にユーザーを用意して、さらにそこにスキーマを割り当てるという考え方に慣れなかったのです。
ネットを調べまくった後、本屋で立ち読みまでしましたよ(笑)

で、自分の理解した内容をメモ程度に。

・ログインは名前の通りログインのみを担当
・データへのアクセス権限等はユーザーが担当
・1ユーザーに対応付けられるデータベースは1つのみ
・データベースが異なれば同じユーザー名の作成は可能
・ログインに対してユーザーを対応付ける
・ログインに対応付け可能なユーザーは1データベースにつき1ユーザー

分かりにくいねorz
つまり

LOGIN_A
 →USER_A(←DB_A)
 →USER_A(←DB_B)
 →USER_B(←DB_C)
 ×USER_C(←DB_C)

という対応付けです。で、権限・ロールはユーザーに付与すると。
しかも、ユーザー名と異なるスキーマを対応付けることも出来ると。
便利そうではあるけど、管理がめんどくさそうな気もするなあ…
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:PowerBreak+DIPro(R)
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。