スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eclipse導入&日本語化

EeePCをJavaかPHPあたりの勉強に使ってやろうということで、Eclipseセットアップしたのですが、微妙にわからん点があったりしたので備忘録。

今回導入したのは以下です。TomcatプラグインとかPHPプラグインとかはまた今度。
◇JDK:Java SE Development Kit 6 Update 35(ファイル名:jdk-6u35-windows-i586.exe)
 ダウンロードはOracle.comから。
 最初はwith EEを使おうと思ったのですが、Glassfishだのなんだのとインストールさせられそうになったので断念。
◇Eclipse4.2:Eclipse IDE for Java EE Developers(ファイル名:eclipse-jee-juno-win32.zip)
 ダウンロードはeclipse.orgから。
 EEでなくても(ClassicとかJavaDevelopersとか)よかったのですが、なんとなく。
◇日本語化:pleiades 1.3.5(ファイル名:pleiades.zip)
 ダウンロードはMergedocProjectから。
 All in Oneが目立っていて見つけにくいかもですが、中段あたりにリンクがありました。

1.JDKインストール
準備したJDKをインストール。何も考えずに標準のままインストールしました。

2.eclipseを解凍
準備したeclipseを解凍します。どこでもいいのですが、フルパスが長くならないように&ハイフン等の記号が入らないようにするのがよさそうです。
私は D:\app\eclipse にしました。(インストール不要アプリはD:\app\配下に入れてる為)
解凍ツールによっては、 D:\app\eclipse\eclipse とフォルダが二重になるので、その場合はフォルダが二重にならないよう修正してます。

3.pleiadesを解凍&上書き
準備したpleiadesを解凍し、出来たファイルをD:\app\eclipseに上書きします。

4.ワークスペースを準備
eclipse起動時に設定するワークスペースとなるフォルダをあらかじめ作ります。
私は D:\app\eclipse\workspace としました。

5.eclipse.iniの修正
起動時に「Failed to create the Java Virtual Machine」が出たため、eclipse\eclipse.iniの先頭に以下の2行を追加しました。(末尾ではだめでした。)
====先頭に追加====
-vm
C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_35\bin\javaw.exe
====ここまで====
また、pleiadesによる日本語化を有効にするため、末尾に以下の1行を追加しました。
====末尾に追加====
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
====ここまで====

6.eclipseの起動
eclipse.exe -clean.cmd ファイルを使用してeclipseを起動します。
ワークスペースについて聞かれれば、eclipseの起動は問題ないと思っていいと思います。
私はワークスペースの指定を .\workspace としました。(フォルダごと移動出来るように)
なんとなくですが、フルパスで指定したほうが無難な気がします。

ひとまずこれで、eclipseの導入までは出来ました!
以前eclipse3.7を導入したときはeclipse.iniを修正した記憶がなかったのでちょっと焦りました。。。
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:PowerBreak+DIPro(R)
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。