力加減とリンク追加

家庭もあるので普段は休日はあまり撞かないのですが、明日からJPA始まるのでちょっと練習しに近所のビリヤード台置いてるところへ。
いつもと比較すると穴広め&ポケットの受けがかなりいい台でした。

2時間ほど練習したあたりで常連らしき方がお店に来て、相撞きしませんか?と声を掛けてくださったので4先を2回ほど。

その中で、特に記憶にのこっているミスを。

残り4球でこんな感じ。

9番が被っていて撞きづらく、メカニカルブリッジを使ったので、あまり器用な撞き方は出来ず。
そのため少しだけ押して点線のようなイメージで撞いたところ、押せ過ぎて実線のような感じに。。。

続く6番はイレも不安だったので、遠くに行かないようにだけ気をつけて弱~く上撞点で撞いたところ、シュートは出来たけど7番にまっすぐ&土手撞きに。


土手撞きなので押ししか選択できず、逆押しの穴フリで点線のように出そうとしたところ、短クッションには入ったもののポケットにつかまりスクラッチして終了。


7番は今の自分の腕では難しいと思うので、ポイントは2つ。
1.5番での力加減
2.6番での力加減
あれ、どっちも力加減だな・・・でも、力加減を誤らないようにするための対策はそれぞれ違うと思います。

1では、「弱く押す」しか考えてなかったので、最悪のパターンを考えるようにすれば回避できたと思います。
図での、右下ポケットと6番を結んだラインより上側なら7番へのダシもそこまで厳しくないけど、今回みたいになるとどこまで手球が転がるかがわからなくなるので、いっそストップ気味にするか、しっかり押してワンクッションさせるべきでした。

2では、「なんとか入れる」に集中し過ぎました。先日も書いた、「線ではなくダシの目標となる点を定め」ていれば、半端な強さで土手撞きにすることなく、こちらもワンクッションさせるところまでイメージ出来たと思います。

セットマッチ的には勝てなかったけど、球はそれなり以上に入っていたので、明日のJPAに向けた練習としては非常に良かったです。

相撞き後に名刺を頂いたのですが、まさかのツイッター等で拝見している方でした!
近所だったとは!


あと、リンク追加です。
なんと!Fumyさんの「ビリログBtoA」からリンクして頂きましたので、こちらからもリンクさせて頂きました。
Fumyさん、こんなブログに目を留めて頂きありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

Comment

リンクありがとうございます!

こんばんは!
こちらこそリンクありがとうございます!

5番から6番は力加減というよりはキレ加減のように感じますが、そういった加減の調整って難しいですよね(´・ω・`)
A級の方に「バンキングでいつもバラバラなことからわかるように、力加減の調整が一番難しいと思うといいよ」と昔アドバイスされたことがあります。
加減の調整ができるのが技量のようにも思いますし、お互い頑張っていきましょう!
今後ともよろしくお願いします!

Re: リンクありがとうございます!

>A級の方に「バンキングでいつもバラバラなことからわかるように、力加減の調整が一番難しいと思うといいよ」と昔アドバイスされたことがあります。
やはり力加減が、難しくもあり、上達への道でもありってことなんでしょうかねー
力加減は知識だけじゃどうにも出来ない部分ですし。

こちらこそ、今後ともよろしくです!
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:Adam+OBSBS+
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク