狙ったところに手球を運ぶということ

ダシの話ではなく、イレの話です。

たまーに相方ともビリヤードをするのですが、相方は初心者ですので、「入らない入らない」と言っております。
で、観察してみました。

・厚みは大体あってるっぽい
・キューは真っ直ぐ振れている、手球もちゃんとキューのむいた方向に進んでる
・ただし、キューと狙いが合ってない

3つ目が要点でしょうねぇ。というか、そこがばっちり合うならすぐAとは言わなくてもBにはなれるでしょうし。
正面で見ながら「ここが真っ直ぐだよー」と伝えると、「全然見えてるのと違う」と言ってましたので、この錯覚を矯正していくのが一番大事なのかもしれません。
といってもそう簡単じゃないからセンターショットとかを日々やるわけですが。

しかも見え方なんて、日々微妙に違ったりするわけで・・・難しいですなぁ。

何を書きたいのかよくわからなくなってきましたが、どこかで見た「ビギナーとプロでも厚みの見え方の誤差は数%」って話を実感した出来事でした。
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:Adam+OBSBS+
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク