シュート力の把握

以前の練習会にて、SA様に「こんな配置での自分のシュート成功率(10球中何回シュート成功するか)は把握しておくといいよ」と教えて頂き、試してみました。

配置はこんなんです。(的球は長クッションから若干浮いてる状態)
連続で入れるわけではなく、1番側、2番側それぞれのシュート率を把握すべし、という配置です。


1回目はいつもの渋台で。
渋台ということもあり、イレイチ(ほぼ芯での弱め)だったのですが、1番側7/10、2番側4/10。自分的にはもう少し行くと思ったのですが・・・Orz

2回目は始めていくお店の普通の台で。
教わったときは「まずは芯撞きで」とのことだったのですが、ポケットサイズが普通なので、サイドポケット超えを狙ってやや順の下撞点をしっかり撞いてみました。
で、1番側4/10、2番側7/10。うーん・・・下を撞くってことで強めのショットになりやすかったことが外した主な原因ですかねえ。
加えて若干ですが順捻りも入れていたので、そりゃシュート率落ちるか。。。
引きの加減が一定せず、手球の動きがばらばらだったのも不満。

3回目は2回目と同じお店で。
押しで短クッションに入れるイメージで撞いてみました。
1番側8/10、2番側8/10。おお、割といい。引きと違い、押しの場合はハードに撞かなくてもそれなりに押しがかかるので、ポケットにやさしい球が撞けたんじゃないかと思います。
手球の動きもほぼ一定でした。

左右でのシュート率の違いというと・・・日によって違うっぽい?
ただ、構えたときの不安感は2番側の方が強いので、こっちがややシュート率さがるのかも知れません。

SA様に教わったときに「Bでも入れる人は7割くらい入れてくる、Aなら8~9割」といっていたので、まだまだB下ですねぇ。

あと、引きと押しそれぞれやってみて実感しましたが、やはり引きより押しの方が手球の動きが安定しますね~
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:Adam+OBSBS+
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク