割れる押し引き、あとメカニカルブリッジ。

割れる押し/引き球、割れない押し/引き球ってのがあります。

私はどちらかというと押し引きともに割れない球を撞いています。多分。
が、時々あえて割れる球を撞きたいと思うこともあります。

で、ふと「そういえば割れる=跳ねるじゃないか!」と思って試してみました。

普段は押しも引きも、極力キューを水平に出すようにしております。
特に引き球については、キューの角度がつくとミスキューしやすいこともあり、時折レールが邪魔に感じるくらいの角度で撞いてます。
これをあえて立て気味にしてあげれば跳ねる=割れる球が撞けるんじゃないかと。

実際割れる球が撞けました。
私の撞き方だと、割れる球も割れない球も引きそのものは同じくらいでしたが、押しは割れる撞き方のほうが押せました。
多分、押しの場合普段の撞き方だと入れに無理の無い強さで撞いてしまうのですが、割れる撞き方だと手球を跳ねさせる方に意識がいくので強く撞いてるのではないかと思います。
なので、実際同じ強さ・回転量なら割れる撞き方も割れない撞き方も、キュー切れ自体は大きく変わらなそうです。

本当かどうかは・・・各自でお確かめください。あくまで私の場合ですので^^;


あと最近メカニカルブリッジを使った撞き方も以前より安定したので、そのことを。

とにかくメカニカルブリッジだとミスキューしやすかったです。
少し引こうとしてミスキューはほぼ毎回、下手するとストップさせようとしてもミスキューしたり。

で、原因を考えたのです。恐らく・・・
・ダーツっぽくストローク(肘~手が垂直)してるので上下の撞点がずれやすい
・見た目の撞点で狙ってしまっている
の2点だと考え、対策しようと。

ストロークに関しては、肘~手が垂直だとテイクバックしにくいので、いっそ水平気味にして肘を前のほうに出す感じに。
これでしっかりテイクバックできるようになりましたが、今度は左右の撞点がずれやすい・・・

そこで、撞点ずれへの対策と見た目撞点でねらってしまうことへの対策を兼ねて、ブリッジをなるべく的球に近づけることに。
ストロークで左右にずれる前にインパクトをもってくる&物理的に限界撞点を撞くことを難しくする作戦です。
中心より下を撞こうとすると立てキュー気味になります。立てキューでのミスキューって難しいですよね~

で、これが今のところ当たっていて、メカニカルブリッジを使ってもある程度思ったとおりに撞ける様になりました。

ただ、上級者を見ていると、そんな使い方してる人居ない気がします・・・いつか普通の距離で撞ける様にするべきなのかなぁ。。。
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:Adam+OBSBS+
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク