鈴木さんちの11月練習会に参加しました!

前回に続き、今回も練習会に参加させていただきました。

参加された皆さん、1時間遅刻してしまい済みませんでしたー!
ただの寝坊です・・・

練習会前半はA3B2C1という超ショートな総当り戦。
勝敗そのものは3勝7敗(不戦敗1、遅刻したので・・・)、とくにこれ!っていうものはなし。
いや、ハイボールを後一歩で取りきれないことが多かったかな。大体ダシミス、とくに力加減。
ただ、力加減がへたくそなのは自覚していて、まだまだ練習が必要なのである程度は仕方ない・・・
けど、最悪を避けるくらいはちゃんとしなきゃと思いました。

で、総当りのあとは各自の課題を持ち寄って・・・だったのですが、課題を主張したのって私だけだったような?
「ブレイクをあと2km/h早くしたい!」と言ったら、Kさんがいろいろ教えてくれました。
ので、メモメモ。よく聞く話も多いですが。
■技術的なポイント
・インパクトの形をイメージする
 ⇒上体はどこまで起こすか?インパクトの瞬間の肘の角度は?
・ブリッジを強く抑える
 ⇒甘いとぶれて撞点外しやすいし、当てに行っちゃう。
・ブリッジあたりに壁をイメージ
・「加速していく」イメージでなく「最初からMAXスピード」
 ⇒コンマ数秒の出来事なので、加速していくイメージでは遅い。
・手首はしっかり握ったほうがよさそう。握りこみのタイミングを合わせるのは難しい。
 ⇒握りこむ場合、振りながら握りこんでいくと大体遅い。らしい。
・腰の捻転を使うのは手首以上に難しい。Kさんは諦めたそう。
 ⇒全身使えたら強いんだろうけどねぇ・・・
・腕立て
■精神的(?)なポイント
・脳のリミッターを外せ
 ⇒これが一番重要で、かつ一番の難関かも・・・
・全力で振っても大丈夫と体に覚えこませろ
 ⇒つまり、いっぱい練習して全力で降ってもインパクトできるようにすべし

なんというか、集約すると「全力で振ってもインパクトできるよう、ミスキューを恐れずにブレイク練習すべし!」ってのが一番でしょうか。
脳のリミッターを外すというと簡単ではないですが、リミットを上げていくのは練習で出来そうです。

ちょっと全力ブレイクしただけで腕がだるいし、肘痛めそうなので、ブレイク練習するときはサポーター必須ですな。
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

ラキア

  • Author:ラキア
  • ビリヤードB級、JPA SL5
    ホームは新宿BAGUSと荻窪サンビリ

    プレイ :McDarmott+OBPro+
    ブレイク:Adam+OBSBS+
    ジャンプ:TENGU

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク